読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか、”じぶん”ができるまで。

未完のまま永遠に続く、じぶん創りの備忘録。

ものごとを【やり続ける】には。

ものごとを【やり続ける】のは

 

思ったよりもむずかしい。

 

なぜなら、すぐに

 

【やり続けたくなくなる】からだ。

 

 

" やり続けたくない"ことを

 

シンプルにまとめると

 

✅ 『めんどくさい』こと

 

✅ 『こわい 』こと

 

✅ 『納得いかない』こと

 

✅ 『飽きた』こと

 

という、感情に集約される。

 

 

逆に

 

"やり続けたいこと"は

 

✅ 純粋に楽しいと感じられること

 

は当たり前として

 

現実的には

 

✅ 『めんどくさい』けど、それでもやり続ける影響を社会的に感じていること

 

✅ 『こわい 』けど、とにかくやりゃあイイんだやりゃあと腹を括れたこと

 

✅ 『納得いかない』のはいまだけで、納得いくようなゴールが見えているもの

 
✅ 『飽きた』としても、コツコツ積み重ねる成果を見い出せているもの

 

という感じの感情に集約される。

 

 

 

 

やり続けたくない感情に支配されて

 

カラダが動かなくても

 

『それでも、やる』

 

『だからこそ、やる』

 

と、肚の底から思えていること

 

つまり

 

【信念】のあることだけが

 

"やりたいこと"として続く

 

推進力を持ち続けてゆく。

 

 

人間、最初はやりたいことでも

 

時間の経過とともに

 

やりたくなくなるのは、普通だ。

 

人並みの感情。人並みの反応。

 

だからこそ

 

"人並みの影響を受ける自分"が

 

"人並みをやめた自分"となってもいいと

 

《肚の底から思えた瞬間》から

 

やる理由が見つかり

 

自然発生する"やりたくない"が

 

自然と"やる"へと上書きされてゆく。

 

 

 

【やり続ける】ことは

 

【信念】によってのみ担保される。

 

【信念】は

 

自分の【肚】が教えてくれたことに

 

従うにつれ創られてゆく。

 

自分に嘘をつかない

 

純粋な問いかけを

 

自分に続けていくことで

 

【肚】を感じられるようになる。

 

 

その【肚】が教えてくれることは

 

必ずしも

 

ポジティブであるとは限らない。

 

世間の印象からしたら

 

ダメ人間の烙印を押されるような

 

ネガティブなものだったとしても

 

【肚】がそう感じているなら

 

納得いくまで、従うことだ。

 

 

『○○のせいだ!』と肚が感じているなら

 

『○○のせいだ!』と信念を持ち続けて

 

○○のせいだ、と表現をし続けてみろ。

 

徹底的に。卑怯と言われるほどに。

 

完膚なきまでに

 

何かのせいにし尽くて

 

その先にある景色を見にいけ。

 

 

 

『○○したくない!』と感じているなら

 

『○○したくない!』と信念を持ち続けて

 

○○しない自分を貫き続けろ。

 

疎み、罵り、軽蔑のシャワーを

 

いくら浴びようとも

 

変えがたい自分がかけがえない

 

いまの自分であることを感じ切れ。

 

肚の答えは、世間の答えより尊い

 

最も従う価値のある答えだ。

 

その先にある景色を見にいけ。

 

 

自分の純粋な部分に

 

自然に"在る"ものに

 

フォーカスし続けることが

 

ものごとを【やり続けられる】

 

唯一の方法だ。