いつか、”じぶん”ができるまで。

未完のまま永遠に続く、じぶん創りの備忘録。

雑にメモ【無自覚に尽くしている最善を見つける】

『人は、個体維持の為、自動的に最善行動を選ぶようにできている。』
らしい。

 

その言葉を目にしてから

私情を一切抜きにして

自分と、親のデータをただただ集めて
その傾向性をみていた。


すると、見事に自分へと【転写】されているな、と気付くポイントが出てきた。

 (口癖、行動の癖、感情の癖、思考の癖etc)

 

この『DNAレベルで継承された』とも言える
【転写】は
自分の"望み"の部分に入り込んでいるので
場合によっては、ものすごく根強い【呪い】とっている。

 

『変えたい、なんとかしたい、でもなぜか変わり切らない』


『うまくいってる。はずなのに、ブレイクスルーまで届かない』

 

頑張ったのに『届きそうで届かない…』という感覚が続くと
永遠に解決できないような迷宮を生み出し
自分で自分をアパシー(無気力)へと導いてしまうのだけど

その場合、この【転写による呪い】を見落としている場合があるかもしれない。

 

頑張ってもできないのではなく
自分の無計画や怠惰が原因なだけではなく
塩基配列に刻まれてきたものによる
【無自覚に尽くしている最善】が、それなのかもしれない。

 

ーーーーーーーーーー

 

数々の価値観が紡がれてきた存在が『わたし』であるのは、遺伝子が証明してくれている。

 

そこで【転写】されてきたであろう
実際の動き、その根源たる価値観を整理していくと
『自分が望むもの』と『祖先によって望まれてきたもの』がミックスされたが故に、相反しているポイントが見えてくる。

 

○わたし→ある程度は、表に出ていたい
▲祖先→表にあまり出ず保守的でいたい

 

○わたし→生態系レベルでバランスを保ち生き切りたい

▲祖先→身内のことだけを考えて楽に生き切りたい

 

等々で

逆の価値観が同居しているのだけど
この二つを、同時に見たそうとする
【無自覚に尽くしている最善】が
【呪い】を産み出しているのではないか。

 

ーーーーーーーーーー

 

『呪いがある』、と意識しながら
自分の望むべく方向に行ききらない自分を眺めてみると
妙なパターンや、違和感のある部分が出てくる。


そこに働く【無自覚に尽くしている最善】を観察する。
観察するときに、自分サイドの最善行動の観察だけでなく
親や祖父母の視点も含めて最善行動の観察する。

 

✅ 言うこときかなくていい、とわかってるのに
その人の言うことを聞いてしまう自分

 

✅ やるべきことがある、とわかっているのに
やるべきことより、どうでもいいことをやっている自分

 

🔯このときの自分は、何を望んでいて、どんな最善行動を無自覚に選んでいるのか?


🔯このとき、親や祖父母から受け継いだものは、何を望んでいて、どんな最善行動を無自覚に選んでいるのか?

 

すると、二つの【無自覚に尽くしている最善】が掛け合わさった結果が
いまの行動をとっている理由と意味ではないか、と見えてくる。

(素の自分×親や祖父母の価値観を継承してきた自分=この行動に行き着く自分)

 

二つの価値観をかけあわせることで
迷宮入りしていた、真の意図が見えてくる。

 

これは、【呪い】ではなく
【二つの恵み】を得ていただけなのだ。

 

自分は、自分による最善の恵みを受けていた。
DNAは、DNAによる最善の恵みを受けていた。

 

主観的には【呪い】と感じていたことは
その実、自分と自分のDNAが【相反しつつも最善を選んでいる】着地点が
『そうなっている』だけだったのだ。

 

ーーーーーーーーーー

 

あとは、何をすればいいか。

あらためて

動かされている自分を観察し

動きたい自分を観察し

 

【呪い】だと思っていたものが

二つの【恵み】を与えてくれていたのだと

ゆっくりと、丁寧に確認してゆくこと。

 

『呪いにしてしまっていた呪い』を解いて

新たな【最善】を創り

未来を、より望ましく

書き換えてゆけるのだ、と

【自覚】すること。

 

有感時間の人生は、たぶん当分続くのだから

心地よく生きてきたい。